インパクトが大切です

紙

DMは非常に大事な広告手段です。数多くのはがきの中から目にとまるためにはインパクトがあることが必要になってきます。そのためにDM印刷には様々な特殊加工があります。代表的なものにツヤを出した印刷や厚盛りの印刷方法があります。普通の紙に印刷しているよりも見た目に分かりやすい加工が可能です。その加工を実現するのが特殊なインキを使用してツヤや厚盛りのボリュームを出します。一般的な印刷に比べて乾燥にも時間がかかります。他にも金属感を出すことの出来るエッチング加工などもあります。DMは何よりも見た目のインパクトが何よりも大事です。DMの命ともいえるのが見ためですぐに分かる印刷の加工です。エンボス加工なども多いですが一番多いのがラミネートされたように感じる圧着加工です。圧着ハガキは用紙に印刷をしたところのうえに特殊なフィルムを挟んで圧着して接着をしていく方法です。非常に独特な光沢があってカラー写真などを使用すると効果的です。様々な仕組みによって紙に様々な加工をしていくことで他の郵便物との差別化を図って目にとまるようにするのがDMの一番の目的です。もちろん一枚当たりのコストもしっかりと計算をして注文をすることも大切になってきます。方法はひとつだけではなく沢山あるので実際に注文をするときには業者にコストのインパクトの両面で納得できるものを相談することが大切です。そして仕上がりについても十分に確認する必要があります。

ハガキ

特徴とメリット

圧着ハガキにはメリットが多いです。まず情報を隠せるという点です。それから封書並みの情報量ですし、コストパフォーマンスも良いです。気をつけておきたいのは湿気なので、防水加工をしておきたいです。さらに製作には多少の時間がかかるため、早めに準備しましょう。

印刷物

宣伝ツールに必要な業者

チラシのデザインを業者に頼む場合には、完全なオーダーメイドであることが必要です。予算を提示した上で、最大限に宣伝効果を高めるデザイン提案ができる業者を選ぶことになります。まずはサンプルを見せてもらってから検討することも大事なことです。

はがき

一番良いものを作るために

年賀状は一年の始まりの挨拶を相手に伝えるものです。写真を載せたり言葉をきちんと伝えるためには綺麗で素敵なデザインを利用することも必要です。年末の忙しい時間に印刷にさく時間を取ることは難しいでしょう。しかし、業者さんに依頼することで時間も無駄にすることなく、綺麗な年賀状を作ることが出来ます。